POZNEN

ボルダリングの世界に飛び込むあなたの背中をぽんと押したい

ボルダリングで動きやすい服ってなんなの?!間違えない服装選び

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20171109224109j:plain

ボルダリングをやってみよう!って時に最初に困るのが服装。ジムのホームページにも「動きやすい服装でお越しください」くらいしか書いていないことも多いですよね。

今回はボルダリングの服装選びについて紹介していきますよ!

色には注意!

服を選ぶ前に服の色について書いておきます。


ボルダリングではチョークという白い滑り止めの粉を付けて登ります。だから濃い色の服にチョークがつくと非常に目立ちます。

 

チョーク汚れが目立ちにくい明るい色の服だと汚れを気にせず、快適にボルダリングができるでしょう。もちろんチョークは洗えばキレイに落ちるので安心ですよ。

トップスはTシャツでもOK!

まずはトップスです。ボルダリングでは腕を大きく動かすので腕の動きを妨げないような作りのものがいいでしょう。これを判断するのに一番簡単な方法が「バンザイ」です。


両手を真上に上げて服がつっぱる感じがなければそれでOKです。


あと着丈にも注意です。
バンザイした時にお腹や背中が見えていませんか?ホールドとお腹が擦れたりしたら痛いし、背中を見られたりするので着丈には気をつけてくださいね。


女性は首周りがルーズなものは避けたほうがいいでしょう。マットの上にしゃがんだり、チョークを手につける時なんかはかがむので胸チラの危険がありますので。

 

パンツは開脚できるものを!

トップスは簡単に決まると思いますが、パンツはものを選ぶかもしれません。ボルダリングでは開脚したり、足を高い位置に上げる動作をよくやります。


パンツ選びでも自分ができる範囲での開脚と足上げをやってみて、服が邪魔しないものを選びましょう。

足はよくホールドとぶつけてしまいがちなので、できればロングパンツの方がおすすめです。

 

ショーパン+タイツは安定

男女問わず、ジムでよく見るコーデNo1がショーパン+タイツですね。これは非常におすすめです。

私も最初のうちはこの格好でボルダリングをしていました。動きやすさは抜群ですし、ホールドとの擦れにも強いです。

特に初心者の間は膝やくるぶしを擦りむきやすいので、お守り的な意味でもタイツを履いておくのはおすすめします。

ボルダリングがだんだん上手くなってくるとショーパンのみで登っている人もいますが、高確率で膝に擦りむきの後が残っています…

安全を取るなら7部丈!

ボルダリングではどうしても擦りむきによる怪我が起こりがちです。ホールドは表面が紙やすりのようになっているので治りが遅く、しかも黒っぽいシミになって傷跡が残りがちです。

ですので、肘や膝をカバーする上でタイツなどで肌を覆ったほうが安心です。

膝やくるぶしはタイツで守るとして、肘は5部袖や7部袖のシャツで覆ってあげるといいですね。

もちろん服でカバーしているとは言え、怪我と完全に無縁になれるわけではありません。もし擦りむいたときのことを考えてキズパワーパッドを持っていくと万全ですね。

キズパワーパッドを使って擦りむき傷を直したことは何度もあるのですが、傷跡が残ったことは今のところありません。 

【Amazon.co.jp限定】BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド 大きめサイズ 12枚+ケース付 絆創膏

【Amazon.co.jp限定】BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド 大きめサイズ 12枚+ケース付 絆創膏

 

 

最後の決め手は軽さ!

初めてのボルダリングで服装で色々迷っているのでしたら、一つの基準をお教えします。

それが「軽さ」です。

「こっちとあっち、どっちにしようかなぁ…」って迷っているときは軽い方を選びましょう!ボルダリングは重力に逆らうスポーツなので、ウェアも軽いほうが有利です。

あとボルダリングはそこまで汗を流すスポーツではありませんが、人によっては滝のような汗をかいている人もいますので、汗っかきな人は速乾性のものを選びましょう。

逆に寒がりの人は1枚羽織れるパーカーなんかがあると良いでしょう。

好きなウェアで楽しもう!

ボルダリングは他のスポーツと比べてウェアを自由に選べます。好きな格好でボルダリングできるってテンション上がりますよね。

個人的に「このTシャツを着てた時は初段落とせたから今日は来ていこう!」みたいなジンクスも生まれてウェアは精神的な支えにもなります。

新しいクライミングパンツを買ったときなんかは、早く登りたくてウズウズしてしまいますよね。

最後に1つだけ付け加えるなら、滅多に無いのですが、たまにウェア被りが発生します。

何故かボルダリングジムではグラニフのTシャツを着ているクライマーが妙に多いのです。特にコントロールベアとかビューティフルシャドーとか…


安くてデザイン豊富なので選ばれやすいのかもしれませんが、一度熊かぶりしそうになったことがあります…笑