POZNEN

ボルダリングの世界に飛び込むあなたの背中をぽんと押したい

メガネ派に朗報?ボルダリング中はメガネをはずさなくてもいい?

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20160403190349j:plain

私は普段メガネをかけています。
ではボルダリングの時はメガネを外して登っている?と聞かれれると実はメガネを掛けたまま登っています。

メガネを掛けたままでもボルダリングは普通にできてしまいます。
とはいえ、不利なところもあるので実例を交えながら紹介していきます。

メガネを掛けても不利じゃない?

ボルダリングジムに行ってみるとわかるのですが、意外とメガネをかけて登っている人は多いです。
しかも普通に1級や初段を登るような人でもメガネをかけて登っています。

こうやって見るとメガネをかけていても全然問題ないように見えますね。
実際コンタクトと差が出てくるのはコンペなどのシビアなムーブを求められる様な課題だけなのかもしれませんね。

メガネをしていて気をつける点

その課題はバランス系?

垂壁やスラブ(奥に倒れた壁)ですと高いバランス感覚を求められる課題が多いです。
そのような課題に取組むときは頭を出来るだけ壁に近づけて体全体をべったりと壁にくっつける必要があるのですが、メガネをかけていると頭を壁にべったりとくっつけることができません。

頭が壁から離れてしまうと重心が壁から離れてしまい、壁から剥がれやすくなってしまいます。
そういったシビアなバランスを求められる課題をやるのであればメガネは外しておいたほうが良いでしょう。

ホールドが視界外に!!

メガネをかけている人にはあるあるかも知れませんが、眼球だけ動かして視線を動かそうとすると、レンズの隙間から見てしまってよく見えない!ってことありませんか?
ボルダリングでもそういったことがおきます。

頭動かして視線を動かせば良いのですが、先ほどの例のように「今バランスがギリギリだから頭すら動かせない!!」といった時に不利になります。
目だけ動かしてちらっと次のホールドを確認したい時などたまにメガネの視界外になってしまうこともたまに起こります。

自分の手でメガネをふっとばす

他にもやりがちなのが手を大きく回して次のホールドを取ろうとしたり、壁と体の間を通して手を伸ばそうとした時にメガネをずらしてしまうことがあります。
これは気をつければ防げることなのですが、壁に張り付くだけでいっぱいいっぱいの状態でそこまで気を回すのは難しいかもしれませんね。

着地に気をつけろ!

マットの上に飛び降りるとき、メガネが落下の衝撃で落っこちることがあります。
ずれるくらいなら良いのですが、落下の高さによってはマットの上にメガネがたたきつけられる事があります。
メガネにも大ダメージが加わるので、クライムダウンは慎重に行いましょう。

結局メガネは不利じゃないか!

ここまで読んでいると眼鏡してボルダリングするなんて不利以外の何物でも無いじゃないか!と思われたかもしれません。
実際、メガネをかけてボルダリングをすることは有利ではありません。
コンタクトレンズの方がメガネよりも軽いので有利っちゃ有利です。

とはいえメガネを外さないと不利になるかというほどのものでもありません。
普段と同じ視界で登れることは精神的にも安定します。

メガネの落下やズレを抑えたいのであれば、こういった商品もあるので使ってみるといいでしょう。