ボルダリングに挑戦するあなたの背中をポンと押したい。

【男女共通】ユニクロ・GUでそろえるボルダリングの服装!

この記事をシェアする

f:id:Ziddorie:20190520225542j:plain

ユニクロやGUでも十分です。

やっぱり悩むボルダリングの服装

f:id:Ziddorie:20190520225746j:plain

Image:公式ホームページ
ユニクロとGUは万能です。

ボルダリングに挑戦したい!って人でまず悩むのが服装ではないでしょうか?ボルダリングジムのサイトを見てみても、「動きやすい服装でお越しください」くらいしか書いていません。

一体どんな服装をしていけばいいのか?!って思う人も多いハズ。そんなときの強い味方なのがユニクロやGUです。いきなり高価な専用ウェアをそろえるより、ユニクロなどのウェアでボルダリングを試すほうが気楽です。

今回はユニクロやGUでそろえるボルダリングウェアについて紹介していきます。

 

大事なのがパンツ

ボルダリングでは大きく開脚をしたり、高く足を上げたりします。そんな時にパンツが引っかかって動きづらい…ってのはとても不快です。だから少なくとも伸縮性の良いパンツを選びましょう。

たとえはハーフパンツ。これは文句なしに動きやすいです。

f:id:Ziddorie:20190520223525j:plain

Image:公式ホームページ
迷ったらハーフパンツもありです。

実際にジムで着用している人をよく見ます。私もボルダリングを始めたての頃はハーフパンツで登っていました。でもホールドと地肌が直接擦れるので怪我も多かったのも事実。くるぶしや膝をガリッとやって痛い思いをしました。そこでタイツを着用するのをおすすめします。

f:id:Ziddorie:20190520223707j:plain

Image:公式ホームページ
ケガの防止にはタイツは必須です。

これを着用するだけでかなり怪我が減りました。ホールドと激しく擦れるとタイツも破れてしまいますので過信は禁物ですが、擦り傷はかなり減りました。
次におすすめするのがジョガーパンツ。私は今このジョガーパンツを履いて登ることが多いです。

f:id:Ziddorie:20190520224058j:plain

Image:公式ホームページ
ジーンズはボルダリング慣れしてるように見えます。

このジョガーパンツは非常に優秀で脚の動きを全く妨げません。正直な感想としては専用ウェアと遜色無いレベルです。膝やくるぶしも保護されるので、ジョガーパンツがとてもおすすめです。

ただし、専門ウェアと比べて数倍の重さを持つので上級者の人はあまり使っていません。あと夏場は結構暑いので注意です。

 

腹チラを防ぐトップスを

トップスは何でもいいのですが、何点か注意を。まず先程書いたようにホールドと擦れることを前提としてください。ホールドは紙やすりのような表面をしているのでウェアが擦れると痛みます。表面がザラザラしたスポーツウェアだと、ホールドと擦れまくってあっという間にほつれてしまうので材質には注意です。

パンツがスポーティーなハーフパンツでしたら上半身もスポーツウェアで統一感を出したほうがいいでしょう。

f:id:Ziddorie:20190520224306j:plain

Image:公式ホームページ
軽くて快適ですが、引っ掛かりに注意

素材も軽いのでボルダリングにも有利です。
一方、ジョガーパンツでしたらカジュアルなTシャツが似合います。なぜかボルダリングではグラニフ率が高いような気がします。

f:id:Ziddorie:20190520224613j:plain

Image:公式ホームページ
好みのTシャツで大丈夫です!

新品のTシャツよりもちょっと着古したTシャツくらいがいいでしょう。結構ボロボロになりますので。

重要なのが、そのウェアを着てみてバンザイしてみることです。バンザイしてみてお腹や背中が見えてしまうのであれば、ボルダリング中でも同じことが起きてしまいます。少し着丈の長いシャツを選ぶか下に1枚追加しておくことをおすすめします。

 

忘れてならない靴下

最後に重要なのが靴下!ボルダリングジムではシューズをレンタルするのですが、衛生上の理由で素足のままレンタルシューズを履くことができません。

靴下を持参する必要があるのですが、厚めの靴下だとホールドに乗れている感覚が鈍くなり、ボルダリングに不利になってしまいます。薄めのソックスを選びましょう。私がボルダリングを始めた直後はこういったソックスを履いていました。

f:id:Ziddorie:20190520224824j:plain

Image:公式ホームページ
靴下は薄手のものを選びましょう

もちろんクライミング専用靴下もありますが、ユニクロやGUの靴下の三倍くらいするので、ボルダリングをにハマってから購入しても遅くはありません。

脚や腕はできるだけ隠す!腹チラに注意!

ボルダリングにユニフォームはありません。スポーティーな服装で登る人やカジュアルな服装で登る人が混在しています。数年前まではカジュアルな服装で登る人が多かったように思いますが、ボルダリングのメディアへの露出が高まってきてからはスポーティーなウェアで登る人が増えたように思います。

もし、ボルダリングが初めてでどうしても服装が決まらない…って人はこのホームページを参考にしてみるのはいかがでしょうか?

www.rockyclimbing.com

ロッキーというボルダリングジムのホームページなのですが、登っている人たちの写真がたくさんあります。特に店舗別のページを見ると参考になります。

怪我をしてしまったときにキズパワーパッドも買っておくと、なおよしです。ホールドとの擦り傷はなかなか治りが遅いのでキズパワーパッドのような高性能な絆創膏が重要です。