ボルダリングに挑戦するあなたの背中をポンと押したい。

ワークアウトエリアが増設!新しくなった品川ロッキーに行ってみました

この記事をシェアする

f:id:Ziddorie:20191128232829j:plain

進化した品川ロッキーに期待!

新しくなった品川ロッキー

昨年に品川ロッキーに新しい壁を設置する大規模な改修が入りました。

www.poznen.net

2019年11月上旬にも改修が行われ、今度はワークアウトエリアが設置されるとのこと。

ワークアウトエリア導入する機材はトレッドミルやエアロバイク、クロストレーナーの有酸素運動用のマシンが合計9機。

チェストプレスや複合ケーブルマシンの筋トレマシンが2機。

そして1kg〜22.5kgまでのダンベルとベンチのフリーウェイトが導入される予定だといいます。

ボルダリングを頑張った後に、さらに体を追い込めるとは…なんとストイックなクライミングジムなんでしょうか…

改修が終わって1週間後に、実際に品川ロッキーを訪ねてみました。

品川ロッキー外観

f:id:Ziddorie:20191128224646j:plain

新しくなった外観は青が基調です。

Twitterでも公表されていたのですが、今までオレンジだった品川ロッキーのイメージカラーが青と黒に変わっています。

今までのアクティブな印象を受けるオレンジから、青と黒のカラーリングは落ち着いた印象を与えています。

f:id:Ziddorie:20191128224916j:plain

品川ロッキーTwitterより

よく見ると休憩用のベンチがなくなっています。利用客でもないのに座っている人達がいるからでしょうか。

すぐ近くにローソンと東京入国管理局があり、東南アジア系の人たちが入口横のガラスにもたれてタバコを吸っていました。

f:id:Ziddorie:20191128225351j:plain

フローリングやマットが一新!

ジムに入ってみるとピカピカのフローリングと一新したマットカバーが目に飛び込んできます。 

フローリングは今までのクリーム色のものからブラウン色になっていて、きれいになっています。他にもベンチや机も一新されていました。

 

マットに関してはカバーだけが新しくなっていたようです。カバーがずれているところからは昔の緑色のマットが見えていました。

それでもカバーが真っ白になるだけでジム全体が明るく見えます。チョークも目立ちにくくなるのもいいですね。

f:id:Ziddorie:20191128225915j:plain

新エリアもピッカピカ!

新エリア(すでに昔の言い方かも)もきれいにリニューアルされています。

カラーリングも統一されていて、とてもきれいに見えますね。

 

いままで壁の上部に設置されていた壁の名称も、その壁の正面に青に白抜きの文字でわかりやすく書かれています。

f:id:Ziddorie:20191128232006j:plain

わかりやすく壁の名前が書かれています。

ここにようやくFLy壁の謎が解けました…どうせ塗り替えるからYを小文字のままにしておいたんだ…

ワークアウトエリア

f:id:Ziddorie:20191128230314j:plain

チーン…

さて!肝心のワークアウトエリアは…!と思いきや、まだ準備中でした。

写真中央の白いビニールで囲まれている部分がワークアウトエリアの入り口なのですが、まだ封鎖されていて、マシンも届いていないようでした。

 

ビニールの隙間から覗いてみたのですが、大量の荷物とフリクションガールの1巻が見えました。

聖地だからね。仕方ないね。

www.poznen.net

マシンが入荷したら、Twitterで告知があると思うので、それまでおとなしく待つこととします。

 

今まで広々としたストレッチエリアや休憩ゾーンがありましたが、その部分にロッカールムが来ていました。

f:id:Ziddorie:20191128230957j:plain

ロッカールームにドアが付きました

ロッカールームは今までノレンだったのがドアになりました。ロッカーも小さくなり、新宿ロッキーと同じ大きさのものになっています。

ロッカーの大きさはコインロッカーの標準サイズの2/3程度の大きさ。全部で96つありました。

普通にボルダリングをする分には荷物を十分収納する事ができます。30リットルのカバンも普通に入りました。

 

なお、ロッカールームも前よりも狭くなっており、5人も入れば満杯で着替えるのにも一苦労するでしょう。なお、男子ロッカー内には手を洗う場所もありました。

進化した品川ロッキーに期待!

残念ながら、わたしが訪ねた時はワークアウトエリアが完成していませんでしたが、2019年内にはきっとワークアウトエリアが完備されると思います。

個人的には有酸素マシンがあるのだからシャワーくらいあってほしいなと思っています。

汗だくで帰るのはちょっとイヤですしね…

 

なんにしろ、ボルダリングジムに筋トレゾーンができるのはとても嬉しいです!

20kg以上のダンベルがあればダンベルプレスも十分出来ますし、ランジやスクワットにデッドリフトとも十分な負荷が期待できます。

 

品川ロッキーに行ってクライミング能力を鍛えつつ、更に筋トレもできるというクライマーにとって最高の環境が整いつつある品川ロッキーです。

ワークアウトエリアがどれだけ充実してくるのか、期待しています。

そして宿ロキにも喫煙ブースをぶっ潰してワークアウトエリアを作って欲しいですね。喫煙ブースなんてクライミングジムに不要です。