ボルダリングに挑戦するあなたの背中をポンと押したい。

ホールドだって育つ?ブラッシングをして有利にボルダリングをしちゃいましょう!

この記事をシェアする

f:id:Ziddorie:20200111172422j:plain

人気課題ほどよく育つ

ホールドが育つって?

人気課題のホールドほど、よく「育ち」ます。

育つというのはホールドが大きくなったりすることではなく、手についたチョークやシューズのソールによってホールドの表面の細かい凸凹が埋まったり、削れたりしてしまい、ホールドが持ちにくくなってしまうことをいいます。

 

スローパーホールドなどは特によく育ち、ホールドの持ち感が非常に悪くなってしまいます。

課題によってはグレードが半分ほど上がってしまうほど。

そんな育って悪くなってしまったホールドを新品とまではいかないまでも、持ち感を良くしてあげる方法がブラッシングです。

 

悪いホールドほどブラッシングが欠かせません。

たかがブラッシングと侮るなかれ。

登る前の一手間が、完登するかどうかを分けているのです。

ブラッシングは上からのほうが吉

極端に悪いホールドがある場合を除き、わたしはホールドをブラッシングするときは上の方から磨くようにしています。

 

「掃除は上から」と言うように、ブラッシングも上からやったほうがいい理由があります。

上のホールドをブラッシングしたときのチョークが下のホールドに降りかかり、ブラッシングの効果が薄れるためです。

 

難しいホールドほど、大量のチョークやソールの屑が付着しています。

手のひらをマットにサーッとすべらすと手のひらがとても汚れます。これはブラッシングやクライミング中に出た汚れです。

マットにこれだけ溜まるのですから、チョークやソール屑がホールドにも降りかかります。

ですので上のホールドから磨いてあげたほうがブラッシングの効果は高いです。

 

上の方のホールドは磨きにくいですが、多くのクライミングジムには長い柄の付いたブラシが用意されています。

そういったロングブラシを利用して上の方のホールドからブラッシングしてあげましょう。

他の人のブラッシングのあとは少し待とう!

他のクライマーがブラッシングした直後にその課題を登っちゃうのはやめましょう。

ブラッシングしたクライマーが最初にその課題を登るべきです。

自分がキレイにした課題をいきなり他の人に登られるのは、ちょっと嫌ですよね。

 

もしセッション(同じ課題を交代でトライする)中に、ブラッシングをしている人がいたら、その人のトライまで登るを待ったほうが無難です。

ブラッシングした課題を登って、即トラブルになることはないとは思いますが、お行儀の良い行為とは言えません。

 

ちなみに、セッション中にブラッシングをしてくれた上に順番を譲られることもあります。

そのときは遠慮なく登らせてもらいましょう!ただし、とんでもなくプレッシャーは感じますが…

マイブラシを持とう!

ブラッシングするのに必要なのがブラシ(当たり前)。

ほとんどのジムには共用のブラシが準備されていますが、軒並みブラシが出払っていたり、毛がほとんど残っていないブラシしか残っていなかったりします。

 

意外と使いたいときにないのがブラシなので、自分用のブラシを持っておくと、とても役立ちます。

ブラシと言っても高価なものではないので、チョークを買うついでに一緒に買っておくと良いでしょう。

 

安くておすすめなのは豚毛のブラシです。

ホールドにも優しく、お財布にも優しいという優秀ブラシ。ジムでもよく使用されているので、ジムの共用ブラシと間違わないように。そこだけ注意です。

 

他にもアウトドアブランドのブラシも発売されています。

性能差はよくわかりませんが、チョークバッグとおそろいのブラシにしてみるのもいいかもしれませんね。

 

最後にブラシング能力が非常に高いPAMOというブラシ。

コンペなどでもよく目にします。

伸縮可能なハンドル・交換可能なブラシヘッド・角度調整可能な関節機構を搭載しており磨きにくい高い位置のホールドもバッチリ磨けます。

個人で持っている人はあんまり見かけませんが、非常に磨きやすいブラシです。

ホールドをキレイに!

ボルダリングというスポーツの性格上、どうしてもホールドは傷んでいきます。

チョークやソールが表面に埋まっているくらいならまだしも、長く使われているホールドだと表面の摩擦がなくなっているものもあります。

flatholdやmolphoなどのバチバチのフリクションを持つホールドでも、やっぱり育っていきます。

ブラッシングにはホールドの痛み(成長)を遅らせるという意味もありますので、やっぱりブラッシング重要です。

自分がトライするときにブラッシングするだけでもホールドの成長も抑えられ、その課題も登れる可能性も高まるというジムにもクライマーにも嬉しいですね。

 

真っ白になったホールドの使い込まれた感も味があっていいですが、ホールドにもクライミングにもよろしくないので、トライ前にはしっかりブラッシングしておきましょう!