POZNEN

ボルダリングの世界に飛び込むあなたの背中をぽんと押したい

POZNEN

〜ぽつねん〜

【スリッポン】軽量&安価なスリッパタイプのクライミングシューズ紹介!【スリップオン】

f:id:Ziddorie:20170629223210j:plain

スリッパタイプのクライミングシューズは軽くてクライミングにもってこいです。作りがシンプルなのでベルクロやシューレースなどが不要なので自然と軽量に作れてしまうのです。今回はそんなスリッパタイプのクライミングシューズの紹介です。

スリッパのメリット・デメリットって?

スリッパタイプの最初のメリットは何と言っても軽量であることです。あと着脱もそこそこに楽です。特にピッタリサイズのスリッパタイプのシューズを履くとと靴とが一体化したかのような感覚になるそうです。(私はまだそこまでのシューズに出会えていませんが…)

 

ベルクロやシューレース(靴紐)タイプと違って登っている時にベルクロが剥がれたり、紐が解けたりといった心配をしなくてもOKなのも上りに集中できていいですよね。

 

あと価格も他のタイプと比べて安価なのも嬉しいですね。通常クライミングシューズって2万円以上しますが、スリッパタイプは1万5千円程度で買えちゃいます。

 

メリットがあればデメリットもあります。それがサイズの選び方が凄くシビアだってことです。ベルクロやシューレースタイプなら多少シューズが大きくても絞め具合を調整できますが、スリッパタイプにはそれができません。逆に靴が小さ過ぎたらもっと悲惨で、なかなか履けない&履けたら履けたで激痛!って事になります。

 

夜にむくんだ足で履こうとしたら全然履けないよ!ってことに何度かなったことがあります。昼間に試着してサイズ感を出してしまうと夜履けない!ってことにもなりかねないということにもなりかねないですね。

 

あと伸びてゆるくなったスリッパタイプのシューズは脱げやすいということも書いておきます。個人的にはそんな経験はありませんが…

 

スリッパタイプのメリット・デメリットがわかったところでメジャーなスリッパタイプのクライミングシューズを見ていきましょう!

 

モカシム

f:id:Ziddorie:20170629221051j:plain

Five Ten | Anasazi MoccAsym Men's Climbing Shoe - Red

スリッパといえばこれ!と言っても過言ではないくらいメジャーなモカシム。裸足で履くと足にレザーの色が移って真っ赤になってしまうのはご愛嬌。ジムに行けばほぼ必ず目撃するこのモカシムはエントリーシューズとしても有名です。ターンインやダウントゥが無いのでクライマーの技術がモロにでる恐ろしいシューズでもあります。モカシムで初段を登っている人とか見ると「かっけぇ!」と思ってしまいます。

 

難点は長く使っていると靴の横側が破れてきてしまうこと。寿命は短いとは言えませんが、モカシムオンサイトの方がベルクロが付いている分、靴の横側の強度は高いのかもしれません。

 

コブラ

f:id:Ziddorie:20170629221448j:plain

La Sportiva Cobra購入、特別提供価格、Trekkinn

スポルティバのスリッパの代表格!カラバリ4色展開はクライミングシューズ数多しと言えコブラだけです。その日の気分とコーデにあわせてお好きな色をどうぞ。コブラはモカシムと同じくクセの少ないシューズで、初心者から上級者まで幅広く使えるシューズとして有名です。最近はパイソンくんやスクァマくんの影に隠れがちですが、ぴったりサイズのコブラの足への一体感はすごい!という触れ込みをよく見ます。さすがロングセラーなだけあります。

 

コブラはスウェードレザーを使っていて少々伸びやすいということも…つまり最初は小さくて痛いかもしれませんが、伸びてきて足形にフィットしてきたときの一体感が非常に高いということ。本気用とアップ用のサイズ違いの2つ持ちって人もいるようです。

 

マーベリック

f:id:Ziddorie:20170629221850j:plain

La Sportiva Maverink - Unisex | La Sportiva®

スポルティバ2017年の新作、マーベリック!お兄さんにスピードスターというシューズがいます。曰く、スピードスターとコブラを足して2で割った感じ*のシューズ、ということでスピードスター使いだった私にはたまらないシューズになっています。

 

P3システムとノーエッジ搭載というのに価格は1万6千円!スピードスターと比べてターンイン・ダウントゥも控えめで甲高の人にも大丈夫!なシューズ。色合いが目に来るのはご愛嬌。業界初のペン付属!白と黒のペンを使ってらくがきもできますよ。

 

インスティンクトS

f:id:Ziddorie:20170629222543p:plain

: SCARPA North America

色使いがスポルティバっぽですが、スカルパ製なインスティンクトS。インスティンクトシリーズはVS(ベルクロ付き)や無印(シューレース)があってファスティングシステムにバリエーションがあります。ソールは柔らかいながらも適度な硬さでエッジングも可能ということで、ジム・外岩問わずオールマイティーに使えるというレビュー*をよく見ます。

 

高級レザーのロリカを使っていて手触りがすべすべで気持ちいですよ。今までのシューズの中でも一番ダウントゥ・ターンインがきつめのシューズなので、最初の一足には向かないかもしれません。

 

サイズには注意!

スリッパタイプのシューズは例え大きくても、小さくても靴紐やベルクロで調整ができません。だからサイズの選び方に注意してください。伸びる伸びないはもちろん、素足履きなのか靴下履きなのか。夜登るのだったら、むくみを見越したサイズ選びをしましょう。

 

下手に攻めてしまうといつまでたっても伸びず、激痛でいつまでも快適にクライミングができないということにもなりがちです。逆に大きめを買ってしまうとクライミング途中、特にヒールフックの時に脱げちゃいます。

 

私は全然のびないスピードスターを買ったのですが、いくら履いても、お湯やリンスにつけようとも全然快適にならなかったので、ついにシューズフィッターで伸ばしちゃいました。もちろん靴の性能も落ちてしまうので、最悪壊してもいいや!くらいの気持ちでやりましょう。

www.poznen.net

私の様にならないようにサイズ感には気をつけましょう!