POZNEN

ボルダリングの世界に飛び込むあなたの背中をぽんと押したい

初心者から脱出の第一歩!5級の壁の突破方法

f:id:Ziddorie:20160503190933j:plain

5級課題は脱初心者の登竜門的存在です。
5級課題はほとんどの初心者が登れないレベルの何度でムーブやフットワークを習得していないとスムースに登ることができない課題です。
そんな5級課題で躓いている・・・という人はこの記事を読んで5級課題を登っちゃいましょう!

5級課題のポイントは「ホールドの理解」と「ここ一番」の突破力だ!

5級の課題は中には初日で登れてしまうラッキーなものありますが、基本的にはボルダリングジムに何回も通わないと登れないレベルの課題です。
ホールドは6級や7級のものと比べて薄く小さくなっていたり、分厚く大きくなっていて、持ちにくく乗りにくい形になっています。

5級のホールドはホールドのつかみ所を分かっていないとかなり持ちづらいものになっています。
また苦手な人が多い大きめのスローパーが出てきたり、ホールドがつかみにくい方向に傾けて設置されていたりします。

このような特徴を持った課題と戦わなければなりません。
まずはフットホールドとハンドホールドの処理の方法を順番に紹介していきます。

まずはフットホールドにしっかりと乗れているかを確認!

5級のフットホールドは小さいく薄いので壁とクライミングシューズの距離を詰めてしっかりとエッジで立ちましょう。
土踏まずや足の親指の関節部分でホールドに乗ってしまうとクライミングシューズの性能を十分に発揮できず、体を支えるために腕や指先に余計な力が入ってしまいます。
しっかりとつま先でホールドに乗るためにもインサイドエッジやアウトサイドエッジをマスターしておきましょう。

すこし早いかもしれませんがヒールフックやトゥフックを覚えておくとムーブに幅が出ます。
そもそもこれらのムーブは3級以上の課題であれば必須テクニックですので、5級でマスターする必要はありませんが。

手のホールドは力の向きを考える!

6級までのホールドは何も考えなくても持ちやすいような方向で設置されています。
ですが5級以上のホールドはしっかりと力のかかる方向を意識してホールドを持たないと、全くホールドを持てなくなってしまいます。

例えばこのホールドですが、真下に引くよりも左下に引いいたほうが指のかかりがいいことがかかるでしょうか。

f:id:Ziddorie:20160503183036j:plain


こちらのホールドは3級課題のものですが、力をかける方向はどちらかわかるでしょうか?

f:id:Ziddorie:20160503183427j:plain

正解は「左上」です。
「上方向に引くの?」と思われるかもしれませんが、これはアンダーで足で突っ張って持つホールドです。

写真ですと課題全体の流れが見えないのでわかりにくいかもしれませんが、オブザベーションの段階で体の向きと力とホールドの向きを考えておくだけでも課題をクリアできる確率がぐっと上がります。

体の向きとホールドの向きを合わせるというのは難しいかもしれませんが、要はホールドの向きの側に体の重心をおくということです。

例えば最初の例、左下に引くホールドの体の正しい位置はこのような体勢になります。

f:id:Ziddorie:20160503184415j:plain

https://youtu.be/XMAkfZs14V8

使っているホールドは異なりますが、右手で保持しているホールドは真下に引けないホールドなので重心を左に持ってきて「左下に引いている」のがよく分かるかと思います。

ここが勝負どころ!核心を突破しろ!!

5級課題には明確な「核心」と言われるポイントがあります。
核心とはその課題で一番難しいホールドやムーブです。5級課題では主に難しいホールドが核心になりがちです。

たとえば大きなスローパーや小さいカチホールドなどです。そこでパワーを発揮できるように核心までのムーブを練習してみましょう。
そうすることで核心まで体力を温存しておくことができます。また、核心部分の練習も重要です。

核心の処理の方法を理解しておけば5級課題突破は目前です。

最終手段、マイシューズを購入

5級くらいの課題まではレンタルシューズを使っても登れることは登れますが、やはりマイシューズにかなうものはありません。
レンタルシューズはソールが減っていたり、自分の足の形にあっていなかったりと不利な点が多いので、5級と本格的に戦うのであればマイシューズを購入することをおすすめします。

はじめてマイシューズでボルダリングをすると感動するくらいスメアリングが効き、ホールドから滑り落ちることが少なくなるので超強力な武器になります。

おわりに:とにかく登りまくれ!

5級を突破するためには「ホールドを正しく処理し、核心でフルパワーを発揮する」というところが重要になってきます。

「正しく」というのが厄介で、6級以下の課題だと余裕をもって処理できても5級になった途端に余裕がなくなってバタバタしたムーブや適当な処理になりがちです。

そこで余裕を持って処理できるようになるためにも、まずは6級以下の課題をコンプリートしてから5級にチャレンジしてみるのも有効です。

もしくは、7級くらいの課題を連続して3つトライしてみましょう。
この時、壁から降りてはダメです。
マットに降りずに次のスタートホールドまで移動して次の課題をスタートします。
このトレーニングにより持久力が高まり、余裕のあるムーブにつながります。

いろいろと書きましたが5級までは、基本的な重心移動やホールドの持ち方を問われる課題がほとんどですので、とにかく5回はジムにいって登りまくる!というのが1番です。
きっと5回目にジムに行った時には1つくらい登れる5級課題ができていると思います。