POZNEN

ボルダリングの世界に飛び込むあなたの背中をぽんと押したい

ヒールフックとトゥフック!ボルダリングでぐっと楽に登れるムーブのコツとは?

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20160723211304j:plain

インサイドエッジとアウトサイドエッジを覚えたら次に覚えるムーブはフック系のムーブです。
5級くらいから次第に使う機会が増えてくるムーブです。
単に足を引っ掛けているだけのように見えるムーブですが、実はコツを覚えないと簡単にスッポ抜けてしまうので注意が必要です。

フック系に必要なコツとは?

フック系のムーブは大きく分けて2つあります。
つま先でホールドを引っ掛けるトゥフック、かかとでホールドを押さえつけるヒールフックです。
ヒールフックは見栄えがするムーブなので、割と簡単目の課題でも出てきます。
ですので、最初に覚えるのはヒールフックをおすすめします。

ヒールフックはかかととホールドの角度が大事!

ヒールフックは見た目にも華があって、いかにもクライマーっぽい動きです。
初めてジムに行った時にも「何だあの動き!かっけぇ!」と思う人もいたのではないでしょうか。

ヒールフックはかかとをホールドに引っ掛けるだけの簡単なムーブのように見えてしまいますが、実際はかかとに角度をつけてあげないとヒールがすべってしまいます。

ヒールフックを確実に決めるためには、ホールドに対して30度〜45度の角度でヒールをねじ込む必要があります。
角度をつけてホールドにかかとをねじ込むためには、少しガニ股にならないと上手くねじ込めません。
早速動画を見ていきましょう。

f:id:Ziddorie:20160724164110g:plain
12 Neil Greshams Masterclass - Heel Hook - YouTube

しっかりとガニ股になってホールドとの角度がついていますね。
その後はかかとを回転させるようにして体を持ち上げています。

体全体の動きとしてはこういったムーブになります。
ホールドに対してしっかりと角度をつけてねじ込めていますね。
このようにヒールフックは比較的高い位置にあるホールドにも対処できるのでマスターすればクライミングの幅を大きく広げる武器になります。

f:id:Ziddorie:20160724164858g:plain

12 Neil Greshams Masterclass - Heel Hook - YouTube

ヒールフックは上手く決まれば抜群の安定感があります。
あまりにかかとがハマりすぎて、かかとがホールドから外れない!ということにもなってしまうくらいです。
ヒールフックはやや被った壁から160度くらいの強傾斜壁まで使える便利なムーブです。

特に強傾斜の壁では腕への負担が劇的に減り感動するレベルです。

トゥフックは足をしっかり固定しよう!

トゥフックはなかなかとっつきにくいムーブでもあります。
ヒールフックの逆でつま先をホールドに引っ掛けるムーブなのですが、つま先の筋肉だけで体を安定させようとすると上手く決まりません。

ただ単につま先を引き上げる様にするだけではどうしても使う筋肉が小さくて体重を支えきることができません。
コツとしてはつま先を引き上げることを意識せず、つま先はL字型に固定して太ももやふくらはぎの筋肉を使って体を安定させるところです。

f:id:Ziddorie:20160724170036g:plain
Problem of the SET - Episode 16: Toe Hook - YouTube

トゥフックを練習し始めの頃はホールドの引っ掛かりを意識しましょう。
足の親指の付け根あたりを使って引っ掛けると良いでしょう。

トゥフックは他にも有効な使い方があります。
体を遠くに投げ出すような動きの時に体が流れないように固定するときにも使います。
ヒールフックでも同じ様な使い方も出来るのですが、トゥフックの方が遠くまで体を投げ出すことができます。

f:id:Ziddorie:20160724170737g:plain
PG Climbing Basics Series Episode 5: Heel Hooks & Toe Hooks with Kenn & Brandon - YouTube

フック系のムーブはクライミングシューズにも注意!

フック系のムーブはクライミングシューズによってはトゥフックが苦手だったり、ヒールフックに特化したものがあります。
特にトゥフックはつま先の上までソールがカバーしていないと摩擦力がかからずにトゥフックが掛かりにくいものがあったりします。

ある程度はクライマー自身のテクニックでカバーできるところもあるのですが、エントリーシューズやレンタルシューズではトゥフックはやりにくいと感じる人が多いでしょう。

ヒールフックは先に書いたように華のあるムーブなので大会などでよく見かけます。
そのため、最近だとスポルティバからはS-Heelというヒールフックに特化したヒールカップを持つシューズが登場しています。
それが、このSkwama(スクァマ)やOtaki(オタキ)というシューズです。

f:id:Ziddorie:20160724171611j:plain
La Sportiva.com /Skwama

このスクァマというシューズのヒールカップは横方向への剛性を向上させた新シューズで、最初に紹介したヒールフックの動画のような動きの時にシューズが変形せず、ホールドのへの力を損なうことなくクライミングに活かすことができます。

どうしてもヒールフックやトゥフックが決まらない!という人はシューズを変えてみるのも良いかもしれませんね!

フック系ムーブの練習中は足のツリに注意!

最後にフック系のムーブを初めてやってみるときは足のツリに注意しましょう。
特にダウントゥがきついシューズは足がツリやすいです。
オンサイトトライ中に足がつってしまうともう悲惨です。
オンサイトしたいけどこの足の激痛にも耐えられない…!というジレンマに陥ってしまいます。
そうならないためにもフック系のムーブをやるまえにはしっかりとストレッチと水分補給(ツリは水分不足が引き金になりがち)をしっかり行ってトライしましょう!