POZNEN

ボルダリングの世界に飛び込むあなたの背中をぽんと押したい

ヘルスケア

手の爪だけじゃない!ボルダリングに最適な爪の長さって?

ボルダリングで最も酷使されるのが「指」。そして指にある「爪」です。ボルダリングでは長い爪はダメ!と言われているのですが、どれ位の爪の長さが良いのでしょうか?

上達の近道は怪我しないこと!ボルダリングでやりがちな怪我と予防法を紹介!

ボルダリングやクライミングは怪我や故障と隣り合わせです。怪我をしているときは思うようなクライミングができないどころか、新しい怪我を招きかねません。今回はボルダリングに取り組んでいてやりがちな怪我について紹介していきます。

ボルダリングの悪影響って?3年間で出来た体の特徴的な変化とは?

私がボルダリングを本格的(と言っても週2回のペースですが)に取り組み始めて約3年が経ちました。ジムながら初段が登れたり、体脂肪率が下がったり、筋力が付いたりと良い変化もありましたが、逆に悪い変化も無かったとは言えないです…

レストも練習!お家でできるストレッチで強くなろう

クライミングってかなりハードな運動です。友人のクライマーがパキったり肉離れを起こしたりするのを見ていると、十分なレストとストレッチやマッサージがどれだけ重要なのかが分かります。今回は私が日常的にやっているストレッチ&マッサージを紹介してい…

危険な落下を未然に防ぐスポッターのやりかたとは?

外岩の動画などを見てみると岩に張り付いているクライマーの下にバンザイをしている人を見たことがありませんか?その人のことをスポッター(スポットする)と呼びます。でもスポッターって何をするんでしょうか?

ケガ予防に必須な簡単ボルダリングのウォームアップ!

ボルダリングジムでとある整骨院の先生にお会いしたことがあります。先生自身もボルダリングを嗜まれるのですが、先生が言うには「クライマーのほとんどの人はウォームアップを軽視しすぎている」とのこと。確かにボルダリングのウォームアップって適当に流…

その課題をクリアするために!ボルダリング中の休憩の基本

ボルダリングは他のスポーツと比べて連続して長時間体を動かし続ける事はあまりありません。連続で登っているとあっという間に疲れて簡単な課題もクリアできなくなってしまいます。だから課題と課題の間にレストが必要なのですが、意外とレストの方法を知ら…

クライミングのその後に!指皮ケアの必需品ハンドクリームについて

ボルダリングをやった後は指の皮はぼろぼろです。ボルダリングを始めたてのうちは指皮も十分に厚くなっておらず、ほとんど流血状態…という方も少なくないはずです。そんな時には指皮ケアが必要なのですが、その定番のハンドクリームについて紹介していきます…

こんな人は要注意!ボルダリングをやるときに特に気をつけるべき人達とは?

ボルダリングは間口が広いスポーツです。老若男女、だれでも楽しめる素晴らしいスポーツですが、中には要注意な人がいます。特にボルダリングをやるときに気をつけないと行けない人達を紹介していきます。

いいから休めよ…ぎっくり腰なのにボルダリングをやりたい人のためのお話

筋トレにハマっていたときにぎっくり腰をやったことがあります。デッドリフトというちゃんとしたフォームでやらないと腰をぶっ壊すという非常にデリケートなトレーニング中にぎっくり腰をやりました。ぎっくり腰をやってしまうとどれ位ボルダリングやクライ…

あなたの指は大丈夫?クライマーの指ケアの重要性について

クライミングやボルダリングを長くやっていると指に変化が現れます。2〜3年もクライミングを続けていると指や手首がが強くなったりしてきます。ですが、そういった指の強化の前に日々のケアをしていないと関節が膨らんだり、指が曲がりきならい、伸び切らな…

ボルダリングで指の皮がむけた…そんな時はキズパワーパッドを使って速く治そう!

初心者から中級者になるために必ずと言っていいほど経験する怪我が指皮の剥がれです。もちろん日頃からのケアを行うことである程度防ぐことができますが、それでも完全ではありません。この記事では指皮が剥がれてから治るまでどれ位かかるのか?そして早い…

ドリンク飲んでパワーアップ!ボルダリングにおすすめなドリンク!

ボルダリングはハードなスポーツで、やっていると結構な汗をかきます。そこで重要になってくるのが水分補給です。スポーツドリンク等いろいろな飲み物がありますが、おすすめドリンクを紹介していきます。

ボルダリングの故障と予防!故障しやすいTFCC靭帯と上腕三頭筋について

ボルダリングを長くやっていれば体の筋肉について詳しくなってきます。その中でもTFCC靭帯と上腕三頭筋はボルダリングを行う上で非常に重要な筋肉になってきます。重要なゆえ、故障もしやすい筋肉や靭帯なので特別な配慮が必要です。

ボルダリング初心者へ!指や手が痛い人向けのテーピングのやり方

ボルダリングをやっていて必ず「指が痛くてつかんでいられない」ということに陥ります。ホールドの表面は非常にザラザラしていて紙ヤスリのようです。そんなホールドを2時間も3時間もつかんでいたら指の皮がどんどん薄くなっていって痛くなってしまいます。…

小さい怪我ほど無理するな!違和感がある状態でボルダリングをしてはいけない!!

ボルダリングは危険の伴うスポーツです。ボルダリングをしているとどうしても大なり小なり怪我を経験するでしょう。小さな怪我は擦りむき、指皮の剥がれ、関節の痛みなどですが、こういった小さな怪我ほど悪化しやすく長引きやすいので注意が必要です。